逆効果になることも?肌に潤いを与えるパックの方法

パックは肌に潤いを与えるけど

肌が乾燥してしまうとつっぱりや粉を吹いてしまって見た目も良くありません。さらに乾燥はくすみを引き起こしたり、肌のターンオーバーを乱す原因にもなってしまいますので、乾燥対策は十分に行っておきたいものです。そんな時に手軽に肌を保湿できるのがパックです。美白や肌にハリを与えるなどの美容効果が含まれているものが多くの種類が販売されていますし、乾燥したシートに手持ちの化粧水を浸透させて使う低価格のものも販売されています。
しかしパックは、ただやればいいというものではありません。やり方を間違えてしまうと、逆に肌の乾燥を促進させてしまうこともあるのです。

正しい方法を知っておこう

パックを行う際には、まずは肌を清潔にします。クレンジングや洗顔を行った後にパックをするのですが、この時の注意点としては顔に長時間パックを張り付けておかないようにするという点です。長時間パックを行っていればそれだけ成分が浸透するのかと思いがちですが、実際には長時間パックを行っていると、最初は肌を保湿してくれますが徐々に肌の水分を逆に奪っていくことになります。基本的に、パックを行うのは3~5分ほどで十分だと言われています。特にさらっとしたタイプの化粧水を浸透させる場合には乾燥しやすくなりますので1~2分ほど、しっとりタイプの化粧水でも5分ほどが目安となりますので、使用する化粧水のタイプや配合されている成分によって、パックをする時間を調節していくことが大切なポイントになります。

品川美容外科の提訴について詳しく