現代の美容の移り変わり。21世紀の綺麗は体内で作る

自分が食べる物で綺麗は作られる

日本古来から伝わる食事は質素なものが多く、一時期はお肉が食事の主力に取って代わられた事から敬遠されてきましたが、最近はその栄養素に再び注目が集まるようになりました。

美肌に欠かせない栄養素の宝庫

例えば玄米は食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。これらは美肌に欠かせない要素で女性には嬉しい栄養分です。しかしその独特の臭みから苦手とする人も多く、白米に少し玄米を混ぜて炊いて食べるという人もいるようです。

すべての綺麗は胃腸で決まる

美肌の一番の大敵は睡眠不足と便秘です。胃腸は人体の真ん中に位置しており、「第2の頭脳」とまで言われるほど大事な臓器です。腸を健康に保つことで心身が健やかになり、お肌の調子も整えてくれるのです。
大事なのは腹筋を鍛え、食物繊維をたっぷり摂取する事。しかし食物繊維は摂りすぎると逆にお腹を壊してしまい、必要なミネラルまで排出してしまう場合もあるので、バランスを考えて摂取したいものです。

健やかな眠りが美へ誘う

美肌の天敵が睡眠不足。お肌だけでなく、髪の毛への健康にも影響する「睡眠」はとても大切です。
睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れ、自律神経も乱れて肌の代謝が悪くなってしまいます。これらを防ぐためにも、夜更かしはほどほどにしましょう。夜10時から2時までが、お肌のゴールデンタイムと言われています。この時間は肌が生まれ変わりが活発に行われている時間です。しかし、働いていたり、友人恋人との時間が必要な人にはなかなか10時に就寝は難しい事も多いでしょう。生活に合わせて週に何度か早い時間に床につけるよう、できるだけ質の良い眠りを維持しましょう。

品川美容外科の判例について調べる