目の周りの小じわを改善させたい!そんな人にお勧めのお手入れとは

なぜ目の周りに小じわができてしまうのか

目の周りの皮膚は他の部分と比べても薄いのが特徴で、そのため、乾燥しやすく小じわができやすいのです。加齢によって肌の潤いや弾力成分でもあるコラーゲンやエラスチンが減少してしまったり、名句を落とす際に目の周りをごしごし擦ってしまうことでしわになってしまいます。

目の周りの小じわを防ぐためには

そんな目の周りの小じわを防ぐには、潤いが大切です。まず化粧水をつける際は、たたいたり擦ったりせずに、コットンにしみこませて滑らせるようなイメージで塗ります。この後に保湿クリームや目元専用のクリームを塗りますが、乾燥が気になるときは数回に分けて塗り、優しく重ねるように塗りましょう。たまに化粧水だけつけてお手入れを終了してしまう人もいますが、化粧水だけではお肌の水分は蒸発してしまうので、必ずクリームでふたをするようにしてください。

メイクをするときの注意点とは

朝メイクを仕立ての時は、肌も潤って小じわも目立たないのに、夕方になるとファンデーションが小じわに入ってしまう人は少なくありません。そんな人は、まずは下地を変えましょう。おすすめは保湿効果のある下地で、乾燥による小じわの目立ちを抑えることができます。また、ファンデーションの後にルースパウダーを使う人は、ルースパウダーを控えましょう。なぜならルースパウダーを使うことで、小じわをさらに強調させてしまいます。小じわができやすい部分にこそ、メイクは薄くし、メイクブラシを使うと均一に肌に乗せることができるのでお勧めです。

品川美容外科の起訴について詳しく