アーモンドがダイエットや美容にいいって知ってた?間食に取り入れてみよう!

オレイン酸や食物繊維が、よい効果をもたらす

アーモンドに含まれている不飽和脂肪酸の1つであるオレイン酸には、インスリンの分泌量を調整する作用があります。インスリンが過剰に分泌されてしまうと、血液中のブドウ糖を必要以上に取り込んでしまうのです。取り込まれたブドウ糖は、活動するためのエネルギーに使用されるのですが、使われずに残ったブドウ糖は脂肪に変換されてしまいます。そのため、インスリンの分泌量を調整することが出来れば脂肪を溜め込みにくくなります。

また、アーモンドは食物繊維が豊富です。食物繊維は、お通じの改善に効果的な栄養素です。便秘だと代謝が低くなってしまうため、便秘を解消すれば痩せやすい体質に変わることが可能になります。そして食物繊維は満腹感を得られやすいため、小腹が空いたときに食べると食欲を落ち着かせることが出来ます。そのほかにも、ビタミンやミネラル類がたくさん含まれているのです。ビタミンやミネラル類は、脂質や糖質をエネルギーに使用しやすくする手助けをしてくれます。

ビタミンEには、アンチエイジング効果がある

ビタミンEは、老化を促す活性酸素の働きを弱める作用があります。活性酸素が増えると、シミやシワが出来やすくなります。シミの元であるメラニンは、活性酸素から肌を守る役割りを担っています。そのため活性酸素が増えるとメラニンも同時に増え、その結果シミが出来てしまうのです。シワは、コラーゲンが減って肌にハリがなくなることにより出来るものです。活性酸素はコラーゲンの生成を妨げる力もあるため、シワが出やすくなります。アーモンドを食べてビタミンEを摂取することで、アンチエイジング効果を期待出来ます。

品川美容外科の告訴まとめサイト