肌だけじゃなくて髪にも気を使いましょう!

シャンプーをする前の準備が大切

シャンプーは普通、頭を濡らしてからシャンプーをつけてゴシゴシ洗っていきます。きれいな髪を手に入れるためには、それではダメなのです。始めはブラッシングをして、髪の汚れを取り除きましょう。ブラシの刺激が頭皮の血行を促進してくれるため、抜け毛の予防にもなります。ブラシはプラスチックよりも、動物の毛を使用したものがよいです。動物の毛に含まれる皮脂が、髪にツヤを与えてくれます。

ブラッシングをした後は、髪を濡らしていきます。ただ濡らすというよりは、しっかりとお湯ですすいで汚れを落とすイメージです。2~3分ほどかけてすすいでいきます。

ゴシゴシ洗いは頭皮にダメージを与えます

シャンプーを直接地肌につけて洗っていく人も多いでしょう。しかし、直接つけてしまうと泡立ちが悪くなるため、ゴシゴシと洗わざるを得なくなります。洗顔をするときと同じ要領で、シャンプーを泡立ててから髪を洗うようにしてください。そうすることにより、頭皮や髪へのダメージを軽減することが出来ます。

髪を洗うときは爪を立てずに指の腹を使って、後頭部から頭頂部にかけて洗っていきます。指をスライドさせながら行うとよいです。そして洗い終わった後は、シャンプーが残らないようにしっかりとすすいでいきましょう。

髪を洗った後のケアもしっかりと!

タオルで髪の水分を拭くときは、タオルとタオルで髪を挟んで水分を取り除いていきましょう。またドライヤーをするときは、頭皮に直接熱風があたらないように15センチほど離して行ってください。頭頂部から毛先にかけて乾かしていきます。このとき、髪をかきあげて内側から外側に向けて風をあてると、乾かし過ぎずに済みます。最後に冷風をあてると、キューティクルの開きを緩和してツヤのある仕上がりになります。

品川美容外科の訴訟まとめサイト